累ヶ淵って?

今回のお芝居の中核となっている「累ヶ淵(かさねがふち)」について紹介します!

三遊亭円朝の怪談噺や、鶴屋南北の歌舞伎などでも知られる「累ヶ淵」は、
茨城県常総市羽生町にある法隆寺裏手辺りの、鬼怒川沿岸のことを指す地名です。
題材となった話は、江戸時代初期慶長17年から寛文12年(1612~72年)までの60年間に渡って繰り広げられた実話とされています。

その事件、今でもよくある話しです。
人の因縁って怖いよねってことで、概略はこんな感じでございます↓

下総国岡田郡羽生村の百姓、与右衛門(よえもん)とその後妻お杉の間には助(すけ)という娘がおりました。
しかし、連れ子の助は生まれつき顔が醜く足が不自由であったため、
与右衛門は助を嫌い、ついには助を川に投げ捨てて殺してしまいます。
あくる年に与右衛門とお杉の間に女児が誕生。
累(るい)と名付けられたその子が助に生き写しであったことから、
村人は「助がかさねて生まれてきたのだ」と噂し、名前も「るい」ではなく「かさね」と呼ばれるようになります。
両親を相次いで亡くした累は、病気で苦しんでいた流れ者の谷五郎(やごろう)を介抱します。
それがきっかけとなり、累と谷五郎は結婚。
しかし谷五郎は容姿の醜い累を疎ましく思うようになり、別の女と一緒になるために累の殺害を計画します。
正保4年8月11日(旧暦)(1647年)、
谷五郎は家路を急ぐ累の背後を襲い川に突き落とすという、奇しくも与右衛門と同じ方法で累を殺害します。
その後、谷五郎は幾人から後妻を迎えるものの、
皆次々と亡くなってしまいます。
ようやく、6人目にむかえた後妻きよとの間に、
ようやく菊という娘を授かりますが、
寛文12年1月(旧暦)(1672年)、菊に累の怨霊がとり憑き、供養を求めて菊の身体を苦しめます。
その噂を聞きつけた祐天上人が除霊すべく、累の怨霊と対峙します。

という、何とも鬱々した事件なわけです。
羽生町の法隆寺には累の墓もあるそうですよ。

この事件を土台に、明治期の落語家、三遊亭円朝が創作した「真景・累ヶ淵」は、金貸しの宗悦が深見新左衞門に斬り殺されること発端に、
複雑な因縁噺に発展していくという、何とも怖いお話しです。
非・売れ線系ビーナス第11回公演『20世紀累ヶ淵』を観るにあたって、
落語や歌舞伎、小説などで楽しんでみては如何でしょうか?

福岡を中心に演劇活動をする非・売れ線系ビーナス