女の執念は怖いですよ。

深夜にこんばんは、非・売れ線系ビーナスです。

今回の第11回公演『20世紀累ヶ淵』のキーワードの一つに、
「執念」があるんだろうなぁと感じながら稽古しております。

そもそも「真景累ヶ淵」も実際に起きた累ヶ淵の事件も、
全て人のどつき合いです。
良い想いも、悪い想いも、何でも過ぎれば毒にしかならない、何とまあ生き辛いことか。
しょっぱなの稽古がですね、まさにそんなシーンでして。
今回客演してもらっている、集団あしゃしゃの浜地くんが良いんです。
人がカッとなる瞬間を、ビターッと表現してくれています。
稽古場ではなく、早く舞台で観たい観たいと思いましたよ。

集団あしゃしゃからは、今回四名も客演してもらっています。
今後は客演紹介をしていきますよ!
お楽しみに♪

福岡を中心に演劇活動をする劇団 非・売れ線系ビーナス