昭和の日

前回、一週間以上更新がなかったので、じゃあ今回は連続で更新してやろうって言う、なんですか、不整脈的なテンポでドキドキするでしょう?
じつは、この「ログインしてブログの記事を書く」までにかれこれ20分くらいかかってまして。
なかなかたどり着けなかった。この新規作成画面に。

実は8月にとあるイベントがありまして。
あれ?これってきちんと告知していいんだっけ?制作さんに任せまーす。
ギンギラの大塚さんがべた褒めのわが売れ線制作陣であります。
きっと、完璧なタイミングで完璧な情宣をすることでしょう。

そうそれで、そのイベントの戦略会議が本日、行われていたのでした。
このイベントは「ある人に捧ぐ」というイベントなのですが、
私は今まであんまり「他人のために頑張る」っていうシステムを信用してなかったのですね。
いやあ、やっぱり人は「自分のために頑張る」だろう、と思っていたわけです。
お金くれるなら別だけど、と。

でもその会議では、みんなそんなに言わないけど、一つ一つの決定が「ある人に捧ぐ」為の決定になってるなーと感じたのでした。もちろんイベントだから来てくれるお客さんも大事。参加する俺達も大事、なんだけど。何かを決定するときに、頭のどっかで「あの人ならどっちが喜ぶだろう」っていうのがみんなにあるから、すごく会議がスムーズに進んだ気がするんだよなー。
案外俺も、「他人のために頑張れる」のね、と思った昭和の日なのでした。